2017年4月29日土曜日

海辺の環境教育フォーラム2017のご案内

【参加をご検討中の皆さまへ】

とっても良いお天気の週末になりましたね!海に出掛ける方も多いのではないでしょうか♪

今回のフォーラムは2日間参加(27・28日)と3日間参加(27〜29日)をお選び頂けます。

月曜日がお仕事の方も、2日間でのご参加をご検討されてみては如何でしょうか。もちろん学生の方は学割がありますよ!週末は南房総で海辺フォーラム♪ぜひご検討ください。


さて、5月27日〜29日に開催します海辺の環境教育フォーラム2017in南房総、改めてプログラムをご案内しますね。

【27日(土)】13:00〜
◾️開会式
海辺フォーラムの始まりです!なんと今回は・・大房岬自然の家にあるプラネタリウムで開会式!

"海辺フォーラムが始まった経緯について"を JCUE/黄金崎ダイブセンター の山中康司さん、"漁業体験の意味やその効果について"を 海と漁の体験研究所の大浦佳代さん、そしてこの南房総についても所長の神保さんから話題提供して頂きます。


◾️海辺のピクニックミーティング
ワールドカフェをご存知でしょうか。カフェのようなオープンな環境で、参加者が少人数に分かれ対話を行い、ときどきメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させる方法です。

せっかく海が近いのだから、海を見ながら野外で出来るのでは?!そんな実行委員の思い付きから、野外版ワールドカフェ風ミーティングを行うことになりました。

参加者同士の交流を深める、お互いの活動を知るための自己紹介の場ともなるようなテーマを考えております。お楽しみに!


◾️懇親会
大房岬自然の家の料理長が腕を振るう!地元の魚を使った料理と全国の海話で盛り上がりましょう。

また昨年4月の熊本地震では、被災地の子ども達に向けて、海辺フォーラムの仲間が様々な海の遊びグッズを詰めた「子ども元気箱」を送りました。子ども達の反応は?熊本の浪崎直子さんから、ご報告して頂きます。




【28日(日)】
◾️全体会
海辺フォーラムが関わる活動をご紹介します。

◾️全員参加の地引網
地引網の経験はありますか?子供の頃に、遠足で、など大人になってからあまり機会が無いのでは・・

今回のテーマは大人の本気の海遊び!参加者がたくさん集まるこの機会を活かし、地引網を行います♪

もちろんそれだけで終わらないのが海辺フォーラム!この共通体験を、分科会へと繋げていきます。


◾️分科会(以下の3つからお選び頂きます)
①ミニ水族館と海のようちえん
②獲る、調理する、食べるー命を食すとは?獲れた魚の調理教室
③国際サンゴ礁年2018に向けて

それぞれの詳細は、これからのブログで更新しますね♪ 地引網の可能性を探る・・「楽しい!」をその先へ繋げることを考えられる分科会です。

◾️閉会式

以上が2日間参加の場合のプログラムとなります。もちろんフリータイムもありますので、浜に行って磯観察&ビーチコーミング、大房岬自然公園内のお散歩・散策も良いですね♪


開催期間中は大潮!ぜひ南房総の自然も目一杯感じながら過ごして頂ければと思います。


★海辺フォーラム2017 募集案内
参加費やプログラムの詳細、過去の開催実績など。必ずご一読お願いします。



★海辺フォーラムへの申込みは、こちらから!



いよいよ開催まで1ヶ月を切りました。参加をご検討中の皆さま、少しは雰囲気が伝わりましたでしょうか?

興味はあるけど環境教育ってよく分からない・・海は好きだけど何も関わりが無い・・

そんな方にもぜひご参加頂きたいと思っております。だからこそ、テーマは海遊び!

まずは大人が本気で遊ぶことに、実は大きな意味があるかもしれません♪

皆さまとお会い出来ることを、実行委員一同楽しみにお待ちしております!

2017年4月27日木曜日

テーマは「大人の本気の海遊び」

いよいよ開催まで1か月となりました。まだまだ参加者募集中ですよ♪
少しでも興味をお持ちの方はぜひ!
**海辺フォーラム2017 募集案内はこちらから**

お申込みはこちらからどうぞ!
**海辺フォーラム2017 申込フォーム**




海辺の環境教育フォーラム2017のテーマは・・

「大人の本気の海遊び」

です!

「フォーラム」なのに、「海遊び」・・?

大人がただただ遊ぶだけ?環境教育とどんな関係が?と様々な声が聞こえてきそうですが、私たち実行委員はこの「海遊び」こそが全ての原点であり、様々な分野を超えた海の繋がりにも必要不可欠だと考えました。

今回の実行委員は、水族館で活動している学生、クマを研究している学生、教員を目指す学生、自然学校スタッフや地域おこし協力隊、ITやコンサル、メーカーで働く会社員、科学コミュニケーター、ダイビングインストラクター、地域づくりや観光に関わる人などなど・・本当に様々な分野で学び活動しています。

「なぜ、海辺フォーラムに興味をもったのか」「なぜ、今この勉強・仕事をしているのか」そして「なぜ、海が好きなのか」 そこを掘り起こすと、全員が今に繋がる原点-「海が楽しくて仕方ない!」という経験を持っていました。

しかもその経験は、必ずしも子供の頃のものとは限りませんでした。

「大学生になって海に潜り感動した」
「生物の勉強をして、更に海の面白さを知った」
「海で活動する人と遊んでとにかく楽しかった」

などなど。
きっと皆さまにもそれぞれ思い出深い原体験があるかと思います。
そしてその経験は、今の活動の大きなエネルギー源となっているのではないでしょうか。


今回のフォーラムでは、そんな原体験となる「海遊び」を参加者同士で共有するだけでなく、
「全員で本気で海で遊ぶ」という共通体験 を通して、「楽しい!面白い!」という気持ちを どのようにその先へ繋げるか を考える事で、今後の海辺の環境教育を推進・発展させていこう、というのがテーマとなります。




「大人の」と付けた理由は・・

「環境教育」と聞くと子供を対象にしたイメージが大きいですが、自然環境に対し大きな影響を与えているのは、大人であることが多いですね。大人を巻きこむ、大人に届けるプログラムとしても「海遊び」の可能性を探りたいと思います。

「本気の」と付けた理由は・・

海辺フォーラムに参加される方は、海遊び好きであり、プロフェッショナルな方も多いと思います。だからこそ、そんな大人が集まり本気で楽しいと思う事をプログラムや次の企画にできたら、これまでとはひと味違ったものができるのでは?という思いです。


そして、原体験となる 「海遊び」

近年私たちを取り巻く環境の変化は、益々目に見えるようになってきました。震災以降の海と人の関わり方、漁業や海産物を取り巻く問題、サンゴの大規模白化など・・ 長年そこに対し様々な調査研究が進み、取り組みも増え、関心を持つ人も増えたかのように思えますが、やはり自然が語る「現実」から目を背ける事はできません。だからといって一人で向き合おうとしても、相手の大きさに少し心が負けそうになることも。。

そんな時こそ、海辺の仲間がいる。
それぞれの得意分野を活かし、アイデアを出し合い、連携・協働を通してまた新たな「海辺の環境教育」を、各々のフィールドへと広げていける。

海辺の環境教育フォーラムは、そのようなネットワークであり続けたいと思っています。



「海遊び」を通して交流を深め、互いを理解し、その先に繋がる良き気付きと出会いの場となるように・・実行委員一同 「本気」 で、プログラムを作り上げました。 会場の海を通して、参加者の皆さまが活躍するフィールドと繋がり、発展へと結びつけられるような3日間。それが海辺の環境教育フォーラム2017 in 南房総 です。






・・・というわけで明日はアクアマリンふくしまにて、海辺フォーラムの打合せです♪
今回のフォーラムでは、アクアマリンふくしまの後援・協力を頂いております。


「海遊び」 を 「その先に繋げる」 とは?

一体どんなプログラムが??


ぜひ、次回のブログもお楽しみにお待ちください。





2017年4月25日火曜日

2017年は千葉県南房総市で開催決定!

2001年から始まった海辺の環境教育フォーラム。
2017年は5月27日(土)~29日(日)に、千葉県南房総市で開催することになりました!

前回の開催は2014年の沖縄。なんと関東では10年ぶりの開催となります!
★過去の開催実績はこちら★ http://umibef.blogspot.jp/p/blog-page_75.html

このフォーラムは、海洋分野の環境教育に関わる人、興味をもっている人たちによる情報交換や特定のテーマに基づいた議論を行い、互いにネットワークを築くことを目的としたフォーラムです。
★海辺の環境教育フォーラムとは?★ https://umibef.jimdo.com/


今回は特にその「情報交換」を、ただ話合うだけでなく、共通体験を通して深めたい!という想いのもと、参加者全員で行う地引網を始めとした様々なプログラム案を練っています。

今回のフォーラム会場は、緑と青の豊かな自然に囲まれた南房総市大房岬自然の家!岬の上から眺める海も良し、もちろん森の中を歩いて行くと海岸まで行けます。会場周辺の様子を載せますね。


大房岬(たいぶさみさき)は浦賀水道に突き出した長さ2kmの岬です。周囲は大房岬自然公園となっていて、その中に会場となる自然の家があります。



会場はこちら!開会式や全体会、懇親会や宿泊はこちらの施設を使います。


森の中を歩いていくと、地面に無数の穴が。陸生のアカテガニがいるそうです。満月に大移動するとか?!夜の森探検も面白いかもしれません。


海へ行く途中にビジターセンターもあります。




浜へ降りる途中。地層がはっきり分かります。バードウォッチングもできるそうです♪


そしてタイマイ浜に到着!ビーチコーミングはもちろん、磯観察も楽しめます。
今回のフォーラム開催日は大潮。お昼に干潮です!


これはもう、野外でのプログラムを充実させるほか無い!というわけで、プログラムの内容を考えました。いつもはプログラムを提供する側の方も多いかもしれませんが、そのプロフェッショナルが集まり、あえて「遊ぶ」ところからスタートする・・ そうすることで、共通体験があるからこそお互いの理解も深まり、より良い意見・情報交換の場にできるのではないかと。

そして何より、フォーラム後の個々の活動により良いフィードバックとなる事、新たな協働が生まれ、また海辺のネットワークが大きくゆるやかに繋がる事を目指して。。。




ブログでは、今回の海辺フォーラムの内容やその狙い、そして会場の様子などをより詳しくお伝えしていきます。皆さまどうぞお楽しみにご覧くださいませ♪




2017年3月5日日曜日

海辺の環境教育フォーラム2017


いよいよ申込受付開始します!

海辺の環境教育フォーラム2017 in 南房総
5月27日(金)~29日(月)

詳細情報をお楽しみに!





2014年11月30日日曜日

海辺の環境教育フォーラム2014 〜2日目〜

いよいよ2014年のフォーラム最後の2日目。今回は一般公開イベント「海がっこう、海あしび〜沖大に海がやってきた!?〜」と題し、県内外で活動するフォーラム参加者のアクティビティを一般の方々へ提供しました。



ということで当日の様子をご紹介!


アクアマリンふくしまから移動水族館アクアラバンもやってきました!

アクアラバンも準備中。

熱い指導を受ける学生スタッフ

矢印や必要な看板をつくってます

事務局も準備中!
準備万端?



そしていよいよスタートです!


やはり移動水族館アクアラバンが大人気!!!

いろいろそろってますなぁ( ´∀`)


コブヒトデ、マンジュウヒトデ、パイプウニ、アサヒガニなどなど、棘皮動物や甲殻類で攻める見て楽しい、触って楽しいタッチプールでした!
上から覗くと・・・・
色鮮やかな魚たち!

積極的すぎてお母さんからストップがかかる子も・・・笑

怪しげなライトが光る、わくわくサンゴ石垣島の水槽では・・・

移植に使う養殖サンゴ!

なんと美ら島財団からウミガメが!!

か、かわえええ


クジラも連れてきてくれました?



おお?

こちらは別のクジラ。大きいけどまだ子どもサイズかな?



こちらはサンゴすごろく!ポリプの人形かわいい!

ゴールできたのかな?

みんな真剣にゴールを目指していました



潮間帯の人形劇 あーまんシアターはじまります!

手作りの人形たち。けっこうリアル?


海の自然史研究所が開発したカメ生すごろく!今回はサケ生すごろくもありました。

超絶リアルな設定なので、生存率が低く、なかなかゴールに辿りつけないとのこと。

生きるって大変なんだね・・・

実行委員メンバー企画、日本の海の砂大集合!

どんな違いがあったのかな?

ゲッチョ先生こと、沖縄大学の盛口先生の秘蔵のコレクションを大公開!

その昔、手作りのいかだで沖縄から鹿児島まで航海した学生たちがおりまして・・・
なんとも大胆な先輩方のお話を聞くことができました。

フォ-ラム参加者たちのおすすめ本を展示しました。おすすめコメントもあるよ!

ダイビングチームすなっくスナフキンによる、大浦湾の生き物写真展。
大迫力で海の中に潜ったみたい!

どれだけ豊かな海なのかが伝わりますね。

こんな感じで大盛況のうちに一般公開イベントを終えることができました。
アクティビティを提供してくれた皆さま、ありがとうございました。また、来場していただいた沖縄の皆さまも本当にありがとうございました!少しでもアクティビティ提供者の海心が伝わていればうれしいです。

そしていよいよ閉会式。

学生から宣言文。まずは身近な人たちに海へと伝えていきましょう!

実行委員に参加した学生メンバー集合!

最後に共同実行委員長のお二人が締めの漫才(笑)


もちろん、閉会の漫才も公開中です。

海辺の環境教育フォーラムFacebookページ


海辺の環境教育フォーラム2014、これにて閉会となります!
皆さま、お疲れさまでした!

次回の開催地は関東?といった雰囲気の中、無事に終了。
福島で開かれた前回のフォーラムに参加した川端さんと彼女を応援する大堀さんたちの想いで実現した今回のフォーラム。学生の参加者も多かったので、もしかしたら数年後のフォーラムでベテランとして実行委員に参加しているかもしれませんね。

そうやって海心をつないで、仲間を増やしていきましょう。

改めまして、フォーラム参加者の皆さま、準備や当日の運営に尽力した実行委員の皆さま、お疲れさまでした!&ありがとうございました!


海辺の環境教育フォーラム2014 ~前夜祭~
海辺の環境教育フォーラム2014 ~1日目~